2005年 10月 08日
ノートにいたずらがき2
b0056632_18438.jpg


授業中、ノートにこんないたずらがきをしているなんて、
本当に不真面目な生徒と思われるかもしれない。
でも、手を動かしてないと退屈するんだ。
ただ、先生の声を聞いているだけだと、眠くなってしまう。
別に、先生の顔を見てる必要もないだろ?
ちゃんと耳は、先生の言葉を聞いているんだから。
目と手は、別のことしてたっていいだろ?
お話しの内容は、テープレコーダーに録ったみたいに覚えている。
頭は・・・考えてない。
聞くのも、描くのも・・・
考える必要はない。
だって、何を考える?
難しい論理か? 難しい遠近法の構図?
夜の8時ともなれば、
思考もできないほど、
もう、かなり一杯になってる。
昼間の論理演算と、
退屈と
無感覚、無感動に・・・
誰とも話さず、
ひとり、闇のキャンパスを歩き、
1時間半の授業を受け、
次の時間は、もう夜。
若い無言の男女。
先生の講義はそれなりにレベルもクオリティーも高い。
そのような知的言葉を聞いていると・・・
それは、それは、心地いい。
くだらないおしゃべり、ひそひそ悪口、中傷などと比べれば
天国の子守唄のような崇高な調べ
EXISTENCE と ETRE の違いを聴きながら
REAL ESTATE と LIQUIDITY の違いを聴きながら
僕は REAL BODY を MEDITATE する

画像が大きすぎてはみ出してしまったが、・・・原寸大。
[PR]

by hoshius | 2005-10-08 01:30


<< ノートにいたずらがき3      ノートにいたずらがき >>